家庭の窓のガラスコーティング

ガラスコーティングというと、床をガラス質の物でコーティングしたり、愛車の窓の撥水加工を想像する方も多いでしょう。実は今、それだけで無く住宅の窓ガラスをコーティングする事ができるようになりました。車などの窓と違い、一度加工すれば10年間の対応年数があり耐久性が高いことが分かります。では、ガラスコーティングをすることでどんな利点があるのでしょうか。

1つは、室内の温度変化が抑えられる事が挙げられます。室内の温度変化の主な熱の出入り口は窓です。この窓をガラスコーティングすることで、紫外線を90%カットする事が出来ます。また、太陽熱も50%カットされ暑い夏は涼しく、寒い冬は室内の熱を逃がさないという省エネ効果が得られる訳です。

ただ、ここで心配されるのが、そんなに多くの紫外線や太陽光線を遮るのなら、室内が暗くなってしまうのでは無いかということでしょう。ガラスコーティングは、フィルムなどと違い何かを貼り付ける訳ではありません。液体を塗るという方法で、コーティングをしています。ですから、透明性も高く可視光線の通過率は80%を保っており部屋が暗くならないのでお勧めできる方法です。

他にも、蛍光灯の紫外線に集まる害虫飛来抑制効果があります。虫は紫外線に集まりますが、コーティングで紫外線がカットされますので虫が寄ってくるという事もありません。また嫌なガラス結露も、ガラスの熱伝導率が下がる為押さえる事ができるようになります。エコな暮らしをサポートします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*