ガラスコーティングとは

ガラスコーティングとは普通車用のコーティングのことを指します。それもフロントガラスのコーティングの場合はウィンドウコーティングと呼ばれ、一般的にはボディ用のコーティングのことを指す場合が多いとされています。以前はボディの保護としてはカーワックスがよく知られていました。その後1980年代に入ってからはポリマーと呼ばれるコーティングが知られるようになりました。

そして時代はガラスコーティングの時代へと進んで行きました。カーワックスは作業も簡単で色艶も出ますが雨によっては簡単に流れ落ちてしまうというデメリットも持っていました。しかしガラスコーティングの場合には雨に降られても簡単には流れ落ちることのないものです。その上有害物質からもボディを守ってくれるという優れた性質も持っています。

現在この種類には大きく分けてポリマー系とガラス系があり、ポリマー系は1980年代のものを引き継いでいるものです。ガラス系のものはグレードも高く傷もつき難く、持続年数も1年以上あるとされ、手入れも簡単であるとされています。商品によって多少は違いがありますが、軽い水洗いだけで長く美観が保たれ汚れにも強く傷付き難いとされ、洗車回数も減り、より経済的とも言えます。しかしこれを施工業者に任せる場合にはその施工期間も数日から1週間、費用も様々で高い傾向が見られます。

これをホームセンターなどで市販されているものを使うと費用も10分の1ぐらいで済むという話もあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*