一戸建ての廊下をガラスコーティングに施工

木造建築の一戸建ては、木材による調湿効果で、適度な湿度が維持されやすいメリットがあります。その一方で、埃を放置しすぎてしまうと、埃が湿気を吸収してしまい、カビの発生源や悪臭の原因になってしまうこともあります。廊下の表面は、埃が溜まりやすい場所です。こまめに掃除をしていないと、埃が湿気を吸収してしまいます。

廊下の表面をガラスコーティングしておくと、簡単に拭き掃除できるようになります。埃がたまってしまっても、フローリングに固着しにくくなります。ガラスコーティングは水にも強いですし、埃が湿気を吸収してしまってもフローリングに影響しにくくなります。乾燥したモップで簡単に拭き掃除ができるようになり、衛生的に維持管理しやすくなります。

ガラスコーティングは、重い物や固い物を落下させてしまうと、表面に細かな亀裂が発生してしまうことがあるので、掃除機を使用するときは注意しましょう。ただし、ガラスコーティングの表面に亀裂が入ってしまっても、フローリングの床板は保護されていますから、リフォームをすれば美観を取り戻せます。廊下は毎日のように歩く場所ですから、衛生的に管理することが大切です。ガラスコーティングしておくと、フローリングの床板材に湿気や埃やカビが悪影響を与えられなくなります。

過剰な湿気やカビが原因の悪臭も発生しにくくなります。梅雨の季節に洗濯物を室内干しにするときなど、悪臭は不快な要素になります。少しでも悪臭の発生源を減らし、湿気を吸収する埃を除去しやすい環境に維持することが、廊下には理想的です。窓のリフォームのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*