ユニットバスのリフォームをするときの注意点

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お風呂場をリフォームする際にユニットバスにしようとする際には、注意しなければならない点があります。ユニットバスとは工場であらかじめ浴槽や壁、床や天井などを生産しておき現場で組み立て設置をするバスルームのことでパーツやオプションなどの組み合わせも変えることもでき自由度が高く、システムバスとも呼ばれています。現場で組み立てて設置をするため大きさが決まっているため、リフォームするときは自宅の浴室のサイズを計測しどのようなタイプのものが合うの確認することが重要になります。浴室の形が変形している場合や天井が高いなどするときには、ユニットバスは規格品であるため間取りの変更などの工事をすることになる場合もあるためリフォーム費用が高くなることもあるので注意しましょう。

高齢者がいる場合などは入り口付近の段差をなくしたり床を滑りにくい材質のものにしたり、手すりを設置することで転倒などの危険を減らすことができます。また浴室に暖房機能がある浴室乾燥機や脱衣所に床暖房などを設置できるとヒートショックなどの危険も減らすことができ、浴槽もまたぎやすい高さにすることで無理をせずに出入りすることもできます。小さな子供がいる場合も高齢者がいる場合と配慮する点はほぼ同じであり、出入り口や水栓をチャイルドロック式のものに変えることで安全性を向上できます。ユニットバスにリフォームするのであれば他にも掃除がしやすい形状や材質のものを選んだり、リラックスできるようなオプションを付けるなどして快適に使用できるようにしましょう。

防熱の窓のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*