快適な夜行バス旅行を楽しみましょう

安く、目的地まで運んでくれる夜行バスは、上手に利用すれば魅力的な移動手段です。忙しく、なかなか休みがとれないという社会人も上手に夜行バスを利用することで、旅行を満喫することが可能です。たとえば、金曜日の残業後、バスに飛び乗り、土日に観光、日曜の深夜バスに乗り込み、月曜に地元到着後出社というスケジュールも可能になるのです。しかし、心配なのは、夜行深夜バスで十分に体を休めることができるかだと思います。

確かに、バスの中で休まらず、翌日は寝不足、体ぼろぼろで旅行楽しめないのでは、本末転倒です。社内で快適に過ごす方法を紹介します。まず大切なのはバスの種類です。おすすめは3列独立シート、カーテン付です。

観光バスタイプの4列シートでは、隣の人とふれあい、動くにも遠慮してしまいます。また隣の人の動きが気になって、寝ようにも寝れないというパターンも想像できます。3列独立シートであれば、隣までに狭い通路があり、隣の人と触れ合うことがありません。またカーテン付であれば狭いながらプライベート空間を確保できます。

また多くの夜行深夜バスは、SAでのトイレ休憩があります。しかし、心配性な人はトイレ付を利用するといいでしょう。快適なバス旅にするには、持参するものも留意しましょう。あると便利なものは空気枕、アイマスク、耳栓です。

空気枕は、首や腰に挟むことで、首や腰の痛みを軽減できます。またアイマスクや耳栓により、周囲の光や音を遮断でき、睡眠導入しやすくまります。事前準備と周到な持参物の準備で快適な夜行バス旅行を楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする