ツアーのキャンセルについて

毎日の生活で気分転換をするためにも、まとまったお休みが取れたら旅行に出かけてみるというのもいいでしょう。海外などに行くことになると、旅行自体のプランを立てることになるでしょう。ツアーを利用することにしたり、個人旅行で自分で手配をしていったりすることにもなるのです。ツアーでは航空券やホテル、送迎や観光といったこともついている場合も多いので、手間もかからないというメリットもあります。

個人旅行では自分が好きなようにアレンジしていくことができるので、楽しみもあることでしょう。ツアーで行くことになると、直前に手配をする人もいれば、かなり前に予約を入れて支払いなども済ませておくということもあります。しかしながら、急に行くことができなくなったりすることもあります。そういった場合には、どのようになるのでしょうか。

一般的にキャンセル規定というものがあって、それは予約の段階で提示されていることになります。ですから、申し込みをする際の規定の確認をしておく必要があります。通常の時期では出発日から逆算して30日以内になるとキャンセルチャージがかかるようになります。これが年末年始や夏休み、ゴールデンウィークなどの繁忙期になると、40日以内になるので、予定が変わるようであれば早めに確認をしておくことをおすすめします。

そして出発日に近ければ近いほど、キャンセルチャージの割合が高くなってくるので、負担が重くなるので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする