最高のツアー探し

富士登山へのスケジュール管理

富士登山は綿密に計画を練らないとあっという間におじゃんになります。

その理由は天気です。当然晴れなら一番良いのですが、山の天候は変わりやすいので、油断していてはいけません。場合によっては曇りの方が良い日があります。それは夏など暑い日が続く場合です。あまりに暑いと山田から地上よりは涼しいものの、緯度が高いのでもろに日光を浴びることになります。このため、帽子を被るのは必須ですが、紫外線をカットしてくれる日焼け止めは全身に塗って挑みましょう。

あながち忘れてしまうのが、耳の後ろです。顔は重点的に塗りますが、富士登山となると合目が挙がって行くにつれて下を向かざるを得ない時間帯が増えてきます。これは富士山の形状に因ります。頂上に近づくにつれて傾斜が高くなるので、よじ登って富士登山をしなければならないからです。下を向くということは当然日光が首元に集中して当たるので、日焼け止めを塗らないと帰りに温泉でも入ろう物ならひりひりして痛くてたまらないです。

頂上まで登るのであれば、公共交通機関を使って富士山まで移動するようにしましょう。車で行くのは確かに都合がつきますが、疲れている状態で帰ると正常な運転が出来なく交通事故を引き起こす可能性が高くなります。帰りは寝ていても目的地に着けるように高速バスを利用するのが賢いです。山頂で日の出を見たいのであれば、朝早く出れば関西以東であれば、15時までには富士山の五合目に着きます。後は余裕を持って山頂へと目指して登山します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *