最高のツアー探し

快適で安い利便性ばつぐんの夜行バス

短い休みを利用して存分に国内の旅を楽しみたい時などには夜行バスが便利です。

多くが夜に出発して翌日の朝には目的地に着くため、観光箇所が多い旅行でも時間を有効に使えるのです。夜行バスは1960年代から運行していましたが、当初は現在の様な快適なシートのものではなく一般的なバスの形式が用いられていました。その後40年間は、日本中の企業の大型連休などには同時に沢山の人々が帰省や旅行で移動するため、列車の混雑緩和にも夜行バスは大きく活躍するようになりました。

近年では、もっと快適に利用できるように夜行バスには様々な工夫がされるようになっています。車内は3列シートが主流ですが、さらにゆったりと座れる2列シートや女性専用車なども登場しています。シートリクライニングも120度から最大155度まで倒せるようなものもあり、安眠できるような配慮がされています。また、アメニティも充実していて毛布や室内スリッパは殆どに設置されており、その他のサービスでは飲み物などが付く車両もあります。

時間も短縮できる他、最大の魅力は運賃の安さにあります。数百キロの距離の運行で片道1万円以内が主流です。この運賃の料金は、列車を利用した時の3分の2から半分程度で済みます。また、帰りも夜行バスを利用すれば更に交通費の予算が軽減されます。出発まで時間に余裕もあり、その分観光地で食事や買い物を満喫できるのです。利用者の増加に伴い出発場所も全国各地で選べるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *