最高のツアー探し

夜行バスを使うメリット

日本に夜行バスが登場したのは昭和30年代と言われています。

当時の国鉄が寝台列車のネットワークから外れている地方への運行を始めたのが最初です。そのころの車両は、現在のような快適なものではなく、昼行便の車両をそのまま用いたもので、リクライニングもなかったようです。しかし寝台列車が運行されていた当時でさえ、夜行列車の多くはボックス座席の車両であったことを考えると、特に劣悪な設備であったともいえません。そのような状況に変化が起きたのが、1980年代でした。83年に関西地区と福岡県を結ぶ夜間高速バスが運行され、その設備の豪華さが話題を呼んだのです。

大型ハイデッカーバスを使用し、座席は3列の独立シート、トイレや自動車電話もつくという充実した設備の車両は、その後の日本の夜行バスの主流となっていきます。夜行バスのメリットは安価であることだと良く言われていますが、それ以外にも鉄道の通じていない地方の小都市に乗り換えなしでダイレクトに到達できる利便性もあります。これは登場当初の国鉄バスのころから変わらぬ利点です。さらに長時間に及ぶ乗車時間を快適に過ごすことができるよう、価格の割には豪華な設備を持っている点で、こちらのほうは80年代に登場した豪華バス以降に付加されたメリットであるといえます。

さらに最近ではこの豪華さ、快適さを極限にまで推し進めた夜行バスが登場してきています。3列シートどころではなく、片側1列ずつの2列シート、ほぼフルフラットするリクライニング、そしてカーテンやパーティションによる個室化といった進化を遂げた快適な車両が使われるようになりました。乗車定員が少ない分、価格は高めではありますが、新幹線や航空機に比べると十分に競争力のある価格を維持しています。また夜行バスの朝に目的地に到着できるという点には、やや劣るとされるスピードに関しても、欠点を補って余りあるメリットがあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *