最高のツアー探し

メリットが多い夜行バス

交通機関を用いて長距離を移動する手段として新幹線や飛行機などが主に挙げられますが、夜行バスも有効な手段であるといえるでしょう。

そもそも夜行バスとは、夜間にバスで移動する手段で夜遅くに搭乗客に発着場に集まってもらい、朝に目的地に到着する交通手段です。新幹線や飛行機との違いといえば、運営する会社によってもことなるのですが、事前に予約をする搭乗客の数が少なければバスが出ない場合もあることで、その他の点でいえば大きく変わるところはありません。基本的に夜行バスの中では乗客は眠ることになります。

そのためにバスの窓はカーテンで閉じられ、照明も消されます。携帯電話の電源を切ることを求められますし、乗客同士の会話も極力抑えなければならなく、誰もが眠ることができる環境を乗客が一体となってつくることになります。途中の休憩は高速道路のサービスエリアなどで取ることとなります。バスが出発する際にどこのサービスエリアで休憩をするのかをアナウンスされ、目安の時間も案内されます。

そこでトイレ休憩を済ませることになるのですが、停車している時間は走行状況にもよるのですが、十五分間であったり二十分間であったりとあまり長くはありません。そのためにお土産を購入したり食事をとる時間はほとんどないといえるので注意が必要です。万が一にもバスに戻るのが遅れてしまった場合、バスが発車する時間が遅れることになり、他の人に迷惑をかけることになるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *