最高のツアー探し

夜行バスの車内にはどんな設備があるのか

夜行バスは、通常の路線バスに乗車するときとは比べ物にならないほど長い時間車内で過ごすことになります。

そのため、夜行バスの車内には快適に過ごせるように様々な設備がついています。例えば、大抵の夜行バスの車内には化粧室がついています。中は水洗式のトイレになっており、建物内に設置されている通常の便所と同じ設備がひと通り揃っています。中に入ってドアを閉めて鍵をかけると、外に付いている使用中ランプが点灯し、中では換気扇が作動します。

化粧室を使用する人は、使用中はドアのロックをかけることと、汚さないように綺麗に使用するのがマナーとなっています。夜行バスの座席にも様々な機能がついています。水平近くまで倒すことができる背もたれや、雑誌やパンフレットを挿入できるシートポケットを利用すると、深夜走行時に楽な姿勢で眠りにつくことができます。シートポケットの中には、ヘッドホンが備え置かれていることもあり、座席についているジャックにさすことでテレビやラジオの音声を聞くことができます。

また、長距離バスの場合、就寝用の枕や毛布は各座席に必ず備え置かれており、車内移動用のスリッパを備え置いている車両もあります。車両によっては、座席の周囲をカーテンで覆うことができる場合もあり、人目を気にしやすい人や、寝るのに集中したいと考えている人には便利です。夜行バスには他にも、無線LANの接続設備や、携帯電話やスマートフォンの充電設備がついていることもあり、移動中に急に連絡しなければならないことができた時や、移動中の退屈しのぎにインターネットを利用してサイトを閲覧したりゲームがしたい時などに便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *