最高のツアー探し

様々なタイプの夜行バス

1960年代に登場という、意外に古い歴史を持つ夜行バスですが、現在日本の多くの都市に路線網を持つようになるまでに普及したきっかけとしては、1983年に登場し、関西圏と福岡県を結んだ「ムーンライト号」の存在がありました。

大型のハイデッカー車両に3列独立シート、トイレや自動車電話を装備した豪華車両は、その後の夜行バスの流れを作ったのです。安価が自慢の夜行バスですが、快適さではいまひとつという評判があるのは否めません。3列独立、大きなリクライニング角を持つシートをもってしてさえ、全体的な窮屈感や車体の揺れにより眠れないという声が多いためです。それでもバスを運行している各社は、装備に様々な工夫を凝らして快適な旅への努力を続けています。

トイレ一つをとってもそうですが、狭いバス車内にトイレを設置するのだから狭くても文句は言えないという考え方を覆し、まるでシティホテルのような洗面台に着替え台までついたトイレスペースを有する車両もあります。この充実した洗面施設でリフレッシュできれば、早朝到着後にさっぱりとした気分で活動を開始できそうです。そして座席も進化を続けています。3列独立シートが騒がれたのはもはや過去の話。

最近では左右2列のシートすら登場しています。カーテンを閉めれば個室そのもののプライバシーを保つことができますし、カーテンどころかパーティションで仕切るタイプの超豪華仕様をもつ座席もあります。そのため1車両の定員がわずか14名というものも出てきています。そのような豪華バスの中には、料金が同区間で競合する新幹線を上回ってしまうものもありますが、宿泊費が削れること、新幹線のグリーン車以上の快適さが得られることなどを考えれば、まだまだ夜行バスはお得といえるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *