最高のツアー探し

ラフティングに必要な装備

日本では1980年代ごろから一般的になり、1990年代には大ブームとなったラフティングは、ゴムボートに乗って急流を下るスポーツです。

日本のみならず、世界各地の観光地で大人気です。このスポーツを楽しむためには、どのような装備が必要になるのでしょうか。まずラフティングで避けては通れないのが、水に濡れることです。パドルを使いながら激流を下るというこのスポーツの特性上、上から下までずぶ濡れになるのは覚悟しなければなりません。そこで濡れることを前提に、濡れても体温保持が容易なウェットスーツがまず必要になります。

また使うのがシンプルなゴムボートなので、水に落ちる可能性もあります。安全のためには、水中でも浮力を確保するライフジャケットが必須です。またラフティングが行われるのは、岩場の渓流地帯が多く、そこでの激しい動きの中で安全を確保するためには、ヘルメットもなければいけません。靴は動きやすくて脱げにくく、濡れても良いものであれば何でも構いませんが、滑りやすい濡れた岩場での行動を考えると、専用のシューズが理想的です。以上が服装に関しての基本的な装備です。そしてもちろんラフトと呼ばれるゴムボート。

そのラフトを操るための持ち手がT字型になったパドルといった装備を加えて、基本装備となります。さらに寒い日や風の強い日に備えて、ウェットスーツの上に着るウェットジャケットやパドリングジャケットがあると良いでしょう。多くの装備を揃えなければいけないように思えますが、各地で行われているラフティングツアーに申し込めば、これら一式のレンタル込みの料金で、気軽に楽しむことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *