最高のツアー探し

富士山を大阪発で目指す場合

富士山に行くのに大阪発で行く場合には、東京発の場合とは少し状況が異なります。
富士山は、大阪発の場合、ルートがほぼ一つしかありません。
例えばバスツアーを利用する場合であれば、大阪の梅田や難波から出発し、名神自動車道と東名自動車道を通り、静岡県側から富士山に到着する方法です。

富士山は、大阪発の場合およそ5時間ほどの時間がかかります。
多くの場合、朝方出発するか昼間に出発するタイプが多いです。
夜行で行く場合もありますが、夜行で行く場合は、ほぼ日の出を見るために登山をする人が利用するバスになります。
ツアーなどではなく、個人旅行に行く場合は、バスと同じようなルートをたどると非常に楽です。
距離が長いため、何度か休憩をする必要がありますが、やはり5時間程度で到着すると考えてよいでしょう。

東名自動車道は富士山周辺では二つに分かれています。
従来の東名自動車道と新東名自動車道があるため少しややこしいですが、どちらを利用しても到着することはできます。
従来の東名自動車道であれば富士インターチェンジまで行き、そこから下道で富士周辺まで行くことになります。

一方で、新東名高速道路を利用する場合、新富士インターチェンジで降りる必要があります。
飛行機で行くこともできますが、富士の麓に行くのはちょっと難しくなります。
飛行機の場合は、空港が少し離れたところにあるからです。
そこから鉄道を利用して現地に行くことになりますが、正直あまりメリットはありません。
もし、どうしても飛行機に乗りたい場合なら、飛行機を利用する方法でも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です