最高のツアー探し

富士山を東京発の乗り物で行く場合のポイント

富士山を東京発で行く場合、様々な方法があります。
東京発の場合は、新宿駅や東京駅を利用すれば富士山のそばまで行くことが十分に可能です。
そのため、富士山を目指して東京発の乗り物で行くのは、比較的容易になります。

交通手段の一つがバスです。
夜行バスなどはほとんどありませんが、高速バスが発達しています。
高速バスが発達している理由としては、首都高を通り中央自動車道や東名高速道路を利用すれば簡単に現地に到着することができるからです。
目安の時間は、東京駅発であれば2時間程度と考えておけばよいでしょう。

通常は首都高から山梨県の方に回って河口湖周辺まで行くのが一般的なルートです。
静岡県の方に回っていくルートもあります。
静岡県の方にまわって行く場合は、首都高から東名高速道路を利用し、富士インターチェンジか新富士インターチェンジまで行き、そこから一般道を通り富士山のふもとまでいくパターンです。
ただ、静岡周り所と東京からは遠回りになってしまうため、どちらかといえば山梨県側からいく方法が人気があります。

自動車で行く場合は、バスでと同じようなルートを通って行けば富士山に到着することは可能です。
ただし、高速道路は渋滞している可能性があります。
そのため相手高速道路を使わず一般道を使う方法もあります。
一般道で行く場合は、奥多摩を超えて山梨県の方に出ると楽にくことができます。
東京駅からであれば、5時間程度で到着することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です